「more records 上半期ランキング 2018」







モアレコの2018年の上半期ランキングです!


お客様によく聞かれる「何が売れているの?」に応えるべくランキングで発表します。
売上枚数とSNSの反応を合算したランキングとなっております。
まだチェックしていない人気の作品を、是非チェックしてみてくださいね!

(30位〜21位はタイトルが、20位から1位は画像が作品紹介のリンクになっております。)


 

一気聴きSpotifyのプレイリストはこちら!





 

『more records 年間ランキング 2017』はこちら








 

30. dry river string 「Quiet」

 

29. Kllo 「Backwater」
 


28. GARDEN CITY MOVEMENT 「Apollonia」
 


27. Reginald Omas Mamode IV 「Children of Nu」
 


26. The Sea and Cake 「Any Day」
 


25. Gofish 「燐光」

 

24. Starchild & The New Romantic 「LANGUAGE」
 


23. Rhye 「Blood」
 


22. haruka nakamura 「アイル」
 


21. Hailu Mergia 「Lala Belu」










 

20. Hope The Flowers 「I MISS YOU」

アジアでもっとも勢いのあるタイのミュージックシーンから大注目ポストロック・バンドのデビュー盤。
 







 


19. Family Basik 「Golem Effect」

ザ・ハイ・ラマズ、ステレオラブ、ジム・オルーク、シー・アンド・ケイク、ヨ・ラ・テンゴなどのインディー・ポップの香りを放つ兄妹デュオの2ndアルバム!
 








 


18. Henry Green 「Shift」

美しいエレクトロニカサウンドに、RhyeやSOHNなどに通じるシルキー・ヴォイスが融合した楽曲性が、異例の注目度の高さを誇る若きシンガーソングライター!
 


 








17. Chouchou 「The Best of Chouchou [2007-2017] III Crystal」

houchouの活動10周年を記念して同時リリースされた3枚のアルバム!本作品『III Crystal』はChouchouの「静」の部分をテーマ。
 


 







16. 別野加奈 「forget me not」

アンビエントフォーク、映画音楽、あるいは環境音楽か。別野加奈の3rdアルバムがロングセラー中!
 

 








15. Opus Inn 「Time Gone By」

ハイブリッドなサウンドとメロウなヴォーカル&メロディーは、フロアとベッドルームを行き来するような陶酔感を誘う極上のアーバン・ミュージック。
 








 

14. Bruno Major 「A Song For Every Moon」

憂いのあるボーカルにメロウなトラック、叙情的な風景を想起させるナイトクルージング。ロンドンのシンガーソングライターの1st。
 








 


13. Ezra Collective 「Chapter 7+Juan Pablo: The Philosopher」

従来のジャズバンドとは一線を画するその存在感でめきめきと頭角を現してきたロンドンの5人組。オーガニックなアンサンブルは、荒削りなグルーヴと計算されたポリリズムを確かな演奏能力で描く。
 








 


12. Melotronmelon 「WAAW」(Zine+ダウンロードコード)

心地よいエレクトロニカトラックと透明感のある歌声が織りなすミステリアスな福岡在住の4人組バンドMelotronmelonの初音源!










11. Sin Fang, Sóley & Örvar Smárason 「Team Dreams」

シン・ファン、ソーレイ、オルヴァル・スマウラソン(ムーム)による夢のコラボレーション!豊潤なるアイスランド音楽シーンが生み出したひとつの文化遺産。














 
10. Khruangbin 「Con Todo El Mundo」


 


60~70年代のタイ音楽や東南アジアのポップ・ミュージックに影響を受けたメロウでエキゾなソウル~ファンク・サウンドが炸裂!Bonoboにも愛されるトリオ・バンドの2nd。
 










 
9. グッピー研究生 「mizu no awa」
 


その変わったバンド名とは裏腹に流れてくるのは独自の浮遊感と詩世界を持つ美しい楽曲。アコースティックなサウンドに乗せられたエレクトロニクスによる完成度の高い作品。
 











 
8. marucoporoporo 「In her dream」  


 

ファナ・モリーナやジョニ・ミッチェルにも通ずる力強くもアンニュイな歌声。注目の女性シンガーソングライター初音源!
 

 









 
7. JOEY DOSIK 「GAME WINNER」
 

 

MOCKYが絶大な信頼を寄せるシンガー・ソングライター、ジョーイ・ドーシックが遂に世界デビュー盤!
 











 
6. Heidi 「apocalypse」
 

 

2017年、モアレコの年間ランキングで日本アーティスト1位となったHeidiの1stソロ・アルバム「sacred island」に続く2ndソロ・アルバム。
 

 










 
5. Grandbrothers 「Open」
 

 

ジャイルズ・ピーターソンや多くのDJが絶賛するピアノとエレクトロニックのドイツ人デュオ!ジャズやエレクトロ等様々なサウンドがミックスされた新たなクラブ・ミュージック。
 











 
4. Evergreen 「TOWARDS」
 

 

多彩な音楽性から自由自在に生み出される魔法のようなポップ・ミュージック。モアレコレーベル第1弾がロングセラー中!
 












 
3. Chouchou 「The Best of Chouchou [2007-2017] I Argentavis」
 

  

 

Chouchouの活動10周年を記念して同時リリースされた3枚のアルバム。『I Argentavis』は躍動感や疾走感溢れるナンバーを中心に硬質で都会的な楽曲を織り交ぜて描くChouchouの「動」

 












 

2. MARY BELL PROJECT 「New World Order」
 
 

 

試聴した方が必ずハマってしまうほどのロングセラーとなった【Heidi】の大元のバンド【MARY BELL PROJECT】の1stアルバム。
 











 
1. Marble Sounds 「A collection」  
 

 

more recordsのオリジナル・レーベル第2弾アーティストMarble Soundsの楽曲の中から、モアレコがチョイスした珠玉の14曲!まさかの【Predawn】が参加してます!
 

 

SNS




EVENTS


more records LABEL

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第3弾アーティストは、UK出身のエレクトリック、ヴォーカルプロジェクト【KNIGHTSTOWN】のデビュー盤!

詳細は こちら!


第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド『Marble Sounds』

詳細は こちら!


第1弾アーティストは、魔法のようなポップ・ミュージック!フランスのト男女トリオ『Evergreen』

詳細は こちら!

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【WINTER LIST 2018】

冬に聴きたいプレイリスト!

【お出かけMUSIC LIST】

お出かけのお供に!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



Instagram


LINE


YouTube


BLOG




GOODS





SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ