この商品のレビュー



「破壊」と「再生」ー
カナダのアンビエント・ドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクトTeen Dazeが、2017年初頭にリリースした『Themes For Dying Earth』と対をなす作品『Themes For A New Earth』を完成。
全編インストゥルメンタルで構築された流麗で美しいドリーミーなアンビエント音源集。

カナダのアンビエント・ドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Daze。今年初頭にリリースした通算5作目のフル・アルバム『Themes For Dying Earth』は滅び行く地球をテーマにしたものだったが、それと対をなす、新たな地球をテーマにした『Themes For A New Earth』を完成。

『Themes For Dying Earth』ではバンド編成からソロへと戻り、エレクトロ・アコースティックなアンビエント・ポップをみせ、現時点での最高傑作とも言えるポテンシャルをみせた。本作は同時期にレコーディングされていた音源集で、その流れを汲むサウンドであるが、全編インストゥルメンタルで構成されており、リヴァービーなギターやシンセのフレーズがレイヤードされ漂い、時折ビートに絡みながら美しく壮大な景色を描き出すドリーミーなアンビエント。もちろんTeen Daze節のポップでメランコリックなメロディと叙情的なアトモスフィアは、絶妙な塩梅で練り込まれている。

絞られた音数でデリケート且つ綿密に構築された、Teen Dazeの世界観で世界の始まりを描き出したかのような崇高な音像が、聴くたびに染み渡る。

【Track List】
1. Shibuya Again
2. On The Edge Of A New Age
3. Kilika
4. River Walk
5. An Alpine Forest
6. Wandering Through Kunsthal
7. Station
8. Echoes
9. Prophets





SNS




EVENTS


more records レーベル第1弾!

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。音楽って本来こういうもの。 第1弾アーティストは、フランス出身、ロンドンで活動する男女3人組トリオ『Evergreen』 詳細は こちら!

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【WINTER LIST 2017】

寒い冬に暖かく寄り添うおススメ音楽をご紹介!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



INSTAGRAM


LINE


YouTube


BLOG




GOODS






SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ