ensemble 0 「ensemble 0 plays eight compositions and it lasts 38:36」

型番 CD
販売価格

2,160円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
レビューを見る(0件)
レビューを投稿


この商品のレビュー



フランスの現代作曲家Sylvain Chauveauを中心に現代音楽の俊英が集結したEnsemble 0。

小津安二郎の同名映画に捧げた「Umarete Wa Mita Keredo」に続く待望の新作は、2016年よりベルギーのブリュッセルで活動を開始した新しいセクションによるもの。Sylvain、Florent Garnier、Jean-François Brohéeによるトリオ編成での録音では、パーカッション、ギター、ハーモニウムをメインの楽器に据え、持続音と反復主体による風通しの良いソフト・サイケデリアが生み出されています。起伏の少ない展開と牧歌的でありながら絶妙なさじ加減で侘び寂びをも感じさせるシンプルな旋律は、テリー・ライリーやラ・モンテ・ヤングらミニマルミュージックの始祖を彷彿とさせる、虹色のように美しく瞑想的な空間を広げていきます。
このブリュッセル・セクションのアイデアは、最小限の楽器によって演奏されるアコースティックなレパートリーを作成することで、通りや公園、アパートの中からライブハウスに至るまであらゆる場所での演奏を可能にしています。ゲストにCabaneとして知られるJean HenriとMonolithe NoirのAntoine Pasqualiniが参加し、そのAntoineによるモジュラーシンセによっていくつかの楽曲でエレクトロニクスが追加されています。

1 Florent plays glockenspiel & chimes, Sylvain plays hapi drum & glockenspiel, JF plays ebows and it lasts 1:51

2 Sylvain plays guitar, Florent plays metallophone, JF plays ebows and it lasts 2:48

3 Thomas plays vibraphone, JF plays ebows, Sylvain plays glockenspiel, Florent plays harmonium and it lasts 2:36

4 JF plays ebows, Sylvain plays guitar, Florent plays percussion, Thomas plays guitar and it lasts 6:59

ensemble 0 - Florent plays glockenspiel, JF plays ebows & guitar, Sylvain plays glockenspiel...
by
_flau
http://flau.jp/releases/plays-eight-compositions/ ensemble 0 is a band who plays the compositions by its members and music by other living composers. The members can change according to each project. The founding members live in France (Joël Merah), Spain (Stéphane Garin) and Belgium (Sylvain Chauveau), with a rotating set of musicians from Western Europe. In 2016 a section of ensemble 0 has been created in Brussels featuring Florent Garnier, Jean-François Brohée, and Chauveau. This trio has spent one and a half year composing new acoustic pieces, playing them live, recording and mixing them. This is the music for this album on flau: 8 tracks with percussion, harmonium, ebows and guitar, with the addition of Thomas Jean Henri (aka Cabane) and Antoine Pasqualini (aka Monolithe Noir) as guests. The original idea of the Brussels section of ensemble 0 was to create an acoustic repertoire with few instruments, so that all the equipment could be carried to perform the music anywhere (in the street, in parks, in appartments and in music venues). Finally a few touches of electricity have been added on the album with the presence of Antoine Pasqualini’s modular synth.

X
5 Florent plays glockenspiel, JF plays ebows & guitar, Sylvain plays glockenspiel and it lasts 2:43
Play
5 Florent plays glockenspiel, JF plays ebows & guitar, Sylvain plays glockenspiel and it lasts 2:43
Play
0.00 SoundCloud
6 Sylvain plays glockenspiel, Florent plays glockenspiel & chimes, JF plays ebows, Antoine plays modular synth and it lasts 8:32

7 JF plays chime, Sylvain plays radio, Florent plays glockenspiel and it lasts 0:45

8 Florent plays harmonium, JF plays ebows, Antoine plays modular synth, Sylvain plays melodica, Maxime plays field recordings and it lasts 12:27

Sylvain Chauveauを中心に現代音楽の俊英が集結したEnsemble 0。小津安二郎の同名映画に捧げた「Umarete Wa Mita Keredo」に続く待望の新作は、2016年よりベルギーのブリュッセルで活動を開始した新しいセクションによるもの。Sylvain、Florent Garnier、Jean-François Brohéeによるトリオ編成での録音では、パーカッション、ギター、ハーモニウムをメインの楽器に据え、持続音と反復主体による風通しの良いソフト・サイケデリアが生み出されています。起伏の少ない展開と牧歌的でありながら絶妙なさじ加減で侘び寂びをも感じさせるシンプルな旋律は、テリー・ライリーやラ・モンテ・ヤングらミニマルミュージックの始祖を彷彿とさせる、虹色のように美しく瞑想的な空間を広げていきます。
このブリュッセル・セクションのアイデアは、最小限の楽器によって演奏されるアコースティックなレパートリーを作成することで、通りや公園、アパートの中からライブハウスに至るまであらゆる場所での演奏を可能にしています。ゲストにCabaneとして知られるJean HenriとMonolithe NoirのAntoine Pasqualiniが参加し、そのAntoineによるモジュラーシンセによっていくつかの楽曲でエレクトロニクスが追加されています。

【Track List】
1. Florent plays glockenspiel & chimes, Sylvain plays hapidrum & glockenspiel, JF plays ebows and it lasts 1:51
2. Sylvain plays guitar, Florent plays metallophone, JF playsebows and it lasts 2:48
3. Thomas plays vibraphone, JF plays ebows, Sylvain playsglockenspiel, Florent plays harmonium and it lasts 2:36
4. JF plays ebows, Sylvain plays guitar, Florent playspercussion, Thomas plays guitar and it lasts 6:59
5. Florent plays glockenspiel, JF plays ebows & guitar,Sylvain plays glockenspiel and it lasts 2:43
6. Sylvain plays glockenspiel, Florent plays glockenspiel &chimes, JF plays ebows, Antoine plays modular synth andit lasts 8:32
7. - JF plays chime, Sylvain plays radio, Florent playsglockenspiel and it lasts 0:45
8. - Florent plays harmonium, JF plays ebows, Antoine playsmodular synth, Sylvain plays melodica, Maxime plays fieldrecordings and it lasts 12:27





SNS





more records LABEL

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド『Marble Sounds』

詳細は こちら!


第1弾アーティストは、フランスのトリオ『Evergreen』

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【AUTUMN LIST 2018】

秋に聴きたいプレイリスト!

【お出かけMUSIC LIST】

お出かけのお供に!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



Instagram


LINE


YouTube


BLOG




GOODS






SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ

<