この商品のレビュー



ジャイルス・ピーターソンが惚れ込んだ女性ジャズ シンガー、ザラ・マクファーレンのブランズウッドからリリースのの待望の通算2作目!

初期のニーナ・シモンやロバータ・フラックを連想させるパワーや精神性を感じさせ、既に多くの評論家から賞賛を集めているザラ・マクファーレン。昨年2012年にはオランダで開催されたニーナ・シモン・トリビュート・コンサートに、ジャズ・スター、グレゴリー・ポーターと共に出演したことも話題となった。
日本デビュー作となる今作『イフ・ユー・ニュー・ハー』は、ザラ・マクファーレンがジャイルス・ピーターソン主宰の〈ブラウンズウッド・レコーディングス〉よりリリースする2作目のアルバム。
本作では自らの可能性を押し広げ、ソリッドなトラックに乗せ繊細で変化に富んだその歌声を露わにしている。今作では自作曲に加え、意外なカバー曲も幾つか収録されており、その中の一つが、見事なジャズ・アレンジが施されたジュニア・マーヴィンの名曲「ポリス・アンド・シーヴス」だ。ジャマイカ独立50周年を祝うべく、ミュージック・ビデオと共に発表されたこの曲は、すぐさまファンやラジオからの熱い支持を得て、YouTubeでは既に37,000回以上再生されるに至っている。
知る人ぞ知るカルト名曲、ノラ・ディーンの「アンジー・ラ・ラ(アイ・アイ・アイ・アイ)」では、ニューヨークで活躍するレロン・トーマスをトランペットとヴォーカルで起用している。 同じく〈ブラウンズウッド・レコーディングス〉からデビューしたホセ・ジェイムズが、いまではグレゴリー・ポーターと共に現在進行形の男性ジャズ・ヴォー カル・シーンを牽引しているように、今後の女性ジャズ・ヴォーカル・シーンの未来を担うであろうザラ・ マクファーレン。その魅力が今作『イフ・ユー・ ニュー・ハー』によって紐解かれている。

01. Open Heart
02. Her Eyes
03. Move
04. Get Me In Trouble
05. Police and Thieves
06. Spinning Wheel
07. Plain Gold Ring
08. Angie La La (Ay Ay Ay Ay)
09. The Games We Played
10. Woman In The Olive Groves
11. Love
12. Zara McFarlane vs Emanative - Lions of Chiaroscuro *Bonus Tracks for Japan



この商品を買った人はこんな商品も買ってます



SNS





more records LABEL

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド『Marble Sounds』

詳細は こちら!


第1弾アーティストは、フランスのトリオ『Evergreen』

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【AUTUMN LIST 2018】

秋に聴きたいプレイリスト!

【お出かけMUSIC LIST】

お出かけのお供に!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



Instagram


LINE


YouTube


BLOG




GOODS






SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ

<