subzar 「subzar」

販売価格

2,420円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


この商品のレビュー



シガー・ロスやオーラヴル・アルナルズの壮大な世界観、スティーヴ・ライヒの緊張感。イギリス発、恐るべき才能を秘めた新世代カルテットsubzar(サブザー)による傑作デビューアルバム。

Goldmund, Max Richter, Olafur Arnalds, Johann Johannsson, Nils Frahm, Sylvain Chauveau...
その名前を知らずとも、今や世界中の映画やテレビCMなどのメディアを通じて、間違いなくその美しい音色に触れているポストクラシカルアーティスト達。そんな世界の最先端を進むトップミュージシャンに、イギリスから新しい風が加わる!
ヴァイオリン、チェロ、そして2本のアコースティックギターが織りなす人種混在カルテット「subzar」の登場。
クラシック音楽を学んだ演奏家仲間で結成され、その確かな演奏力と様々なジャンルの音楽を昇華したメロディーセンスは、上記アーティストには決してない、唯一無二の音、唯一無二の世界。
冒頭曲「the drum of ceaseless echo」で見せるケルト民族音楽の空気感、4曲目「last night i thought a thousand plans, but today i go my old way」のミニマルミュージックやエレクトロニカにも通ずるアグレッシブな緊張感、そして約22分にも及ぶ最終曲「pico」のsigur rosやGodspeed You! Black Empelorなどのポストロックに並ぶコンセプチュアルで壮大な世界観。
自主制作によって制作された2枚の連作EPをまるごと詰め込み、リミックス、リマスターを施して完成した、まさにいきなりのベストアルバムと呼ぶにふさわしい、鮮烈なデビューアルバム。

パッケージは初回プレス限定、豪華8ページブックレット付き!
リマスターをAnoice、RiLF、filmsなどのグループでも活動する、音楽家Takahiro Kidoが担当。


[Track List]

01.the drum of ceaseless echo
02.as memories fade, that which remains...
03.the miserable madness of worldly men lamented
04.last night i thought a thousand plans, but today i go my old way
05.flight of the auguries
06.pico







SNS




more records LABEL

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第4弾アーティストは、ロンドンのシンガーソングライター【Tom Rosenthal】!

第3弾アーティストは、UK出身のエレクトリック、ヴォーカルプロジェクト【KNIGHTSTOWN】のデビュー盤!

第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド【Marble Sounds】
第1弾アーティストは、魔法のようなポップ・ミュージック!フランスのト男女トリオ【Evergreen】

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【AUTUMN LIST 2019】

秋に聴きたいプレイリスト!



CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



Instagram


LINE


YouTube


BLOG




GOODS





SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法


IN SHOP