この商品のレビュー



長年エレクトロニカ・シーンを牽引しつづけてきたKeith Kenniff(キース・ケニフ)=ヘリオス。長年待望されながらもなかなか実現しなかった2004年のデビュー・アルバム『Unomia』がついに再発!

精緻に作りこまれたセンチメンタルなエレクトロニカ路線のヘリオス名義、ソロ・ピアノにフォーカスしたミニマルで静謐なポスト・クラシカル路線のゴールドムンド名義を中心に、アップル、フェイスブック、グーグルなどのCM音楽や映画のスコアを手がける優秀な作曲家キース・ケニフ。ヘリオス、ゴールドムンドの両名義ではそれぞれ歴史に残るアルバムを数枚ずつ残しています。

本作は数々の名盤を届けてきてくれたキース・ケニフがはじめてリリースした作品でもあるヘリオスの2004年の記念すべきデビュー・アルバム『Unomia』の再発盤。約10年のあいだ廃盤状態でしたが、オリジナルリリースから13年が過ぎた2017年、ついに再発となりました。

ギターやピアノなど生楽器を多用し、メロディアスで繊細なテクスチャーによって構築されたシネマティック・サウンドがメロディック・エレクトロニカの金字塔として決定的な評価を得た2006年の2ndアルバム『Eingya』から遡ること2年。マシーン・ドラムなどをリリースしていた米マイアミのエレクトロニック・ミュージック・レーベルMerck Recordsからリリースされた『Unomia』。まだバークリー音楽大学の学生だった2004年に発表した本作は、ボーズ・オブ・カナダを彷彿させるダウンテンポのビートと浮遊感のあるノスタルジックなメロディー、メランコリックなアンビエンスを中心としたIDM寄りの作品です。ゴールドムンド名義のようなピアノ曲や、傑作2nd『Eingya』の萌芽を感じさせるセンチメンタルなエレクトロニカまでを収めた本作はデビュー作らしいアイデアと熱情が込められたみずみずしさに溢れています。

新しいアートワークと新しいパッケージ。さらにボーナストラックのダウンロード・コードつき。日本限定での再発となります。


【Track list】
01. Velius
02. Cullin Hill
03. Nine Black Alps
04. Homero Hymnus
05. West Orange
06. Two Mark
07. Samsara
08. Light House
09. Suns That Circling Go
10. Getting Through
11. Clementine
12. Buldir
13. Luek







SNS




more records レーベル第2弾!

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド『Marble Sounds』

詳細は こちら!


TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【SPRING LIST 2018】

この春聴きたい女性シンガープレイリスト!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



INSTAGRAM


LINE


YouTube


BLOG




GOODS






SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ