この商品のレビュー



NYブルックリンを拠点に活動するSSW/マルチ・インストゥルメンタリスト、マックス・クラークによるプロジェクト、カット・ワームス待望のデビュー盤。ホイットニーやザ・レモン・ツイッグスを手掛けてきたFoxygenのジョナサン・ラドーがプロデュース。
LA 50-60年代に活躍したエヴァリー・ブラザースの影響を感じさせるポップ・バラードサウンドが、まるで本能に記憶されているかのごとき詩的なストーリーテリングに編み込まれ、暖かなノスタルジアをもたらしてくれる楽曲。

【Track List】
01. How It Can Be
02. Coward’s Confidence
03. Don’t Want To Say Good-bye
04. It Won’t Be Too Long
05. Till Tomorrow Goes Away
06. Like Going Down Sideways
07. Think I Might Be In Love
08. Cash For Gold
09. Hanging Your Picture Up To Dry
10. Mad About You


SNS




EVENTS



more records LABEL

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第3弾アーティストは、UK出身のエレクトリック、ヴォーカルプロジェクト【KNIGHTSTOWN】のデビュー盤!

詳細は こちら!


第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド『Marble Sounds』

詳細は こちら!


第1弾アーティストは、魔法のようなポップ・ミュージック!フランスのト男女トリオ『Evergreen』

詳細は こちら!

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【WINTER LIST 2018】

冬に聴きたいプレイリスト!

【お出かけMUSIC LIST】

お出かけのお供に!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



Instagram


LINE


YouTube


BLOG




GOODS





SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ