この商品のレビュー



2013年リリース、数多くの年間ベストディスクに選出されたLAビート・シーンの恐るべき才能による「漆黒の」第2章。

数多くのメディアが、挙って年間ベストに選出した大傑作ファースト・アルバム 「Cerulean」から3年。セカンド・アルバムを最も待ち望まれていた、LA の奇才Will WiesenfeldことBaths(バス)。渾身の作品が遂に完成。強力なビートかつ全編にわたる情緒溢れるヴォーカル・ワークは前作を遥かに凌ぐ快心の出来映え。

今作のコンセプトは「apathy/無感情」。2011年、初の来日公演を控えた間近、 Willは大病を患い、ドクターストップを受け急遽ツアーを延期せざるをえない事態に陥った。何もできなかった自分の状態からダークで無気力な歌詞を思いつくよう になったと発する。その際に古代~中世ヨーロッパで蔓延したペスト(黒死病)を 描いた絵に大きな影響を受けたとの事。生きたまま埋められていった人々の様子や、死そのものやグロテスクなイメージ。冒頭「Worsening」から黒・漆黒をイメー ジさせる言葉が羅列する。「絶対に自分に対して不誠実であってはならない」というのは、彼の創作活動における信条である。有言実行とも言える、自身の環境・想いを見事に反映した作品となっている。

本作も前作同様Low End Theory を主宰し、フライング・ロータスのマスタリングを 務めた事でも知られるDaddy Kev が担当。マスタリング最中に、何度もやり直しを命じ 、Daddy Kev をして、「本当にタフなアーティストだよ」と言わしめたエピソードがある。一人のアーティストが、徹底的に納得するまで突き詰めた世界観を、本作を通して体感出来る筈。

Bathsの関連作品はコチラ

[TRACKLIST]
01. Worsening
02. Miasma Sky
03. Ironworks
04. Ossuary
05. Incompatible
06. No Eyes
07. Phaedra
08. No Past Lives
09. Earth Death
10.Inter




この商品を買った人はこんな商品も買ってます



SNS




EVENTS


more records レーベル第2弾!

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド『Marble Sounds』

詳細は こちら!


第1弾アーティストは、フランスのトリオ『Evergreen』

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【SUMMER LIST 2018】

夏に聴きたいプレイリスト!

【お出かけMUSIC LIST】

お出かけのお供に!

CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



INSTAGRAM


LINE


YouTube


BLOG




GOODS






SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法
more records now playing!!

 →当店では毎日13:00〜21:00まで、
 Ustreamで店頭演奏を配信しています。
 こちらもチェックして下さい!




入荷まとめ