RECOMMENDS NOW


モアレコが自信を持っておススメする一枚が毎月自宅に届く「定期便」。

お店で一度セレクトされた作品の中から更に厳選。ジャンルは毎月様々。普段、忙しくて音楽を探す時間が取れないけど、新しい音楽を聴きたい!という方にはこちらがおススメです!

もちろん『モアレコラボ』に参加して限定情報もチェック出来ます。

詳細は こちら









音楽を中心にアイスランド文化をお届けする「ICELANDia」がインショップ!

現地でしかお目にかかれない貴重なCDやサイン入りのCD、かわいい雑貨が並びます。タイトルによっては多いので早い者勝ちです! 詳細は こちら! 作品リストは こちら!






ALBUMS OF THE MONTH


セレクトCDショップのmore recordsが毎月おすすめを更に厳選ピックアップして紹介する "ALBUMS OF THE MONTH"。

何から聴けばよいか迷ったらまずはこちらから!きっと音楽と出会えるはず!





Patrick Watson 『Wave』




誰もが知るザ・シネマティック・オーケストラ不朽の名曲「To Build A Home」のオリジナル・シンガーでもある、現在のカナダを代表するシンガー・ソングライターといっても過言ではないパトリック・ワトソン新作。

ブログは こちら






Penguin Cafe 『Handfuls of Night』




メランコリックなメロディーに透明感のあるフォークトロニカ、そしてサウンドトラックを想わせる壮大なイメージ擬人化したペンギンの世界。

ブログは こちら






Jenny Hval 『The Practice of Love』




美しいヴォーカルと透明感のあるサウンドスケープが見事に溶け合い優しく包み込むような北欧の空気感。

ブログは こちら






Salami Rose Joe Louis 『Zdenka 2080』




ジャズトロニカの宇宙をダビーに彷徨う2080年ドリームポップ・ジャーニー。フライング・ロータス、トロ・イ・モワも虜にするサラミ・ローズ・ジョー・ルイス。

ブログは こちら







Patrick Watson 「Wave」


レナード・コーエンからジェームス・ブラウンまで魅了し、ポラリス・アワードでは、アーケイド・ファイアを抑えて最優秀アーティストに輝くカナダのSSW、パトリック・ワトソンの新作。

Jenny Hval 「The Practice of Love」


各雑誌の年間ベストに数多く取り上げられるノルウェーのシンガー・ソング・ライターJenny Hval。0年代半ばのトランスを思わせるトラックから北欧の空気を取り込んだようなフレッシュなメロディーを取り込んだ作品。


Penguin Cafe 「Handfuls of Night」


コンテンポラリーなクラシックサウンドを組み合わせて氷河のミニマリズムを足取り軽く横断。ミニマリズム、クラウトロック、そこにレーベルメイトであるルボミール・メルニクによるピアノなどが加わり全体に微妙に変化。

Kit Sebastian 「Mantra Moderne」


トロピカリズモ経由ゲンスブール行き、ステレオラブ×クルアンビン?英国の誇る良質ショップ/レーベル Mr.Bongoが発掘する新たな才能。。


Salami Rose Joe Louis 「Zdenka 2080」


ベイエリアを拠点に活動し、「ヒップホップ・エイジに降り立った、未来から来たブロッサム・ディアリー」とも評される才媛サラミ・ローズ・ジョー・ルイスがBrainfeederよりリリース。

FEAR GORTA 「FEAR GORTA」


サイケデリックで自由奔放でブルージーでノイジー。ヒップホップからファンク、ゴスペルからラップ、ジャズからハードコア、IDMやエレクトロニカまですべてが創造の海の中で融解。







イメージで音楽と出会う。

新しい音楽と出会うのって中々難しかったりします。 もっと直感的に音楽を聴いてほしくて、モアレコにはジャンル・サインはありません。 抽象的な単語のイメージから想像する音、気分で選ぶ音、素敵な発見と出会いはこちらから!



Limousine 「L’été Suivant」


フランスの4人組インスト・バンドLimousine。ジャズ、シンセポップ、イージーリスニングを融合させて、時々レゲエやクラウトロックの要素も加えた、一言では表せないとてもオリジナルなサウンド。

DIIV 「Deceiver」


ノイジーなギターに浮遊感のあるボーカル、重心のしっかりとしたリズム隊に支えられたドリーミーなシューゲイズサウンドを聴かせるDIIVの3rd。


Foxes in Fiction 「Trillium Killer」


名門レーベル、Orchid TapesのオーナーであるWarren Hildebrandによるソロ・プロジェクト。Warrenの幽玄的でたおやかなヴォーカルと融合しながらドリーミーで美しい世界を構築。

Jay Som 「Anak ko」


世界各国から注目を集める、優しい白昼夢へ誘うドリーム・ポップ・サウンドの真骨頂!シューゲイズ・サウンドを軸に、コクトー・ツインズとアラニス・モリセットが自由に舞っているかのようなサウンド。




Lucy Kitt 「Stand By」


UKの様々なフォーク・フェスティバルにも出演する、英エセックス州在住の実力派シンガーソングライターLucy Kittの初となるフルアルバム。

イ・ラン 「神様ごっこ(増補新装版)」


韓国ソウル生まれのシンガー・ソングライター。彼女の抱える葛藤や不安、日々の疑問を綴った長編エッセイと新曲10 曲を組み合わせた「読んで聴く」オーディオブック作品。

Leif Vollebekk 「Twin Solitude」


カナダ・モントリオールのシンガーソングライター。何気ない日常や空気の流れをアーティスト個人のキャラクターでとんでもない世界に変える事ができる数少ない才能。

Lucy Roleff 「Left Open in a Room」


活き活きとしたフィンガーピッキングのギターと凛とした歌。オーストラリアのメルボルンの女性フォーク・シンガー・ソングライターの2nd。




Alexandra Stréliski 「INSCAPE」


『ダラス・バイヤーズクラブ』の音楽を手掛けた事で一躍注目されたピアニスト。雨や風、森林や都会の風景など様々な情景を想像させてくれる叙情的なピアノサウンド。

Kin Leonn 「Commune」


「シンガポールのアンビエント・ボーイ」という愛称で知られてきたキン・レオンが満を持しての1stアルバム。

Jonas Munk & Nicklas Sørensen 「Always Already Here」


ManualことJonas Munkと、PapirのギタリストNicklas Sørensenによるコラボレーション・アルバム。ジャンルレスなエレクトロニカ〜エレクトロニック〜サイケデリア〜ミニマルの即興演奏。

Masayoshi Fujita 「Book Of Life」


宙を舞うように自由に羽ばたくヴィブラフォン。大絶讃された前作に続きヴィブラフォンの可能性を最大限まで引き出し相反するイメージを繋げて完成させた一つの物語。




Kama Aina + Hochzeitskapelle 「Wayfaring Suite」


Little CreaturesやTakuji名義で活動する青柳 拓次のソロユニットKama Ainaと、The Notwist、Lali Punaのマーカス・アーチャーと弟のミヒャらからなるドイツのオルタナティブ・ブラスバンド。

Daniel Wohl 「État」


エドガー・ヴァレーズと、ビョークやカニエ・ウェストまでも虜にする新進気鋭の作曲音楽家のアルカを一直線に繋げる作曲家・演奏家。

h hunt 「playing piano for dad」


愛するお父さんの為に演奏されたピアノソロ作品。坂本龍一氏がお気に入りのレストランの為に制作したプレイリストに選出され一部で話題となった作品が遂にCD化。

CANTUS 「オディエ」


坂本美雨やharuka nakamuraらとコラボレーションを行なう女子聖歌隊CANTUSが10年ぶりとなる2ndアルバムを完成。教会音楽という限られた世界の音を、宗教を越えて「響きの美しさ」を追求する至高の歌声。




submerse 「See You Soon」


盟友 Fitz Ambro$e、B. Cool-AidのPink Siifu、目下要注目のL.A.のシンガー Devin Morrisonを迎え、90's風味のスロージャム、R&B、ヒップホップを往来した快作!

Skinny Pelembe 「Dreaming Is Dead Now」


ジャイルス・ピーターソンにその才能を見出され、ナイトメアズ・オン・ワックスやマリブー・ステートをも虜にする大型新人スキニー・ペレンべが待望のデビュー盤。

Maribou State 「PORTRAITS」


Fatboy SlimことNorman CookによるレーベルSouthern Friedにも作品を残す注目のデュオ。エレクトロニカからロック、R&B、ダンスの要素が溶け合ったハイブリッドなサウンドが展開される傑作!

Howling 「Sacred Ground」


Frank Wiedemannとオーストラリア人シンガーソングライターRy XことRy Cumingによるビッグプロジェクト。ヒプノティックで、美しいメランコリックなサウンドスケープを描き出す。




Rubel 「CASAS」


数多くのメディアにて2018年ベストに選出されたブラジル人シンガーソングライター、フーベルの傑作が待望の国内盤CD化!

Quique Sinesi 「Live in Tokyo – Pequenos mensajes sonoros Tour」


現代アルゼンチンを代表するギター奏者/コンポーザー、キケ・シネシが「人生最高のソロ・ツアーだった」と振り返った2018年の日本ツアー「小さな音のことづて」の最終日を収めたライブ盤。

David Darling & The Wulu Bunun 「Mudanin Kata」


台湾の山岳少数民族、ブヌン族。ハーモニーの原型ともいえる彼らの素朴な合唱と、名門ECMからのリリースでも知られるDavid Darlingの奇跡の出会い。超ロングセラー盤!

INSOLITO UNIVERSO 「LA CANDELA DEL RIO」


パリをベースに活動するベネズエラ人カルテット、インソリート・ウニベルソの初となるフル・アルバム。トン・ゼーやエドゥアルド・マテオを髣髴。




お問い合わせも多い日本のアーティストをピックアップしたおススメページ!



生活を豊かにするモノ、コト

店頭でお客様が試聴をしたいと感じるきっかけはやはり"ジャケット"。

知らない音楽への入り口と言っても良いジャケット・アートの世界。





more recordsスタッフが独断と腹ペコでご近所の気になるお店をご紹介しているのがこの"モアレコ気になる通信"





只今ネットショップで人気の作品

こちらはネットショップで特に人気の作品です。内容が素晴らしいのになかなか手に入れにくい作品が多数。 是非チェックしてみて下さいね!




みどり 「みどり」


森ゆに、ギタリスト/エンジニアの田辺玄(water water camel/現在活動休止中)と 、haruka nakamura とのデュオでも知られるギタリスト/デザイナー青木隼人によるユニット”みどり”の初音源。

田辺 玄 「風と音と」


2016年より活動を休止している、water water camel のギター、みどり(森ゆに、青木隼人、田辺玄)としても演奏活動を行う田辺玄による初のソロアルバム。


HoSoVoSo 「歌がありますように」


三重県桑名市のシンガーソングライターHoSoVoSo(ホソボソ)による自主制作ミニ・アルバム。二篇の詩朗読、そして原点となるギター弾き語り六曲を収録。

LUCA & There is a fox 「Light Waves」


LUCAの優しく透き通った歌声、There is a foxの柔らかで繊細なギターと歌声、キャッチーかつリリカルな旋律との調和が織りなす美しいサウンド。


森ゆに 「シューベルト歌曲集」新装版


女性ピアニスト/シンガーソングライター 森ゆにの自主制作リリースとなる、シューベルト歌曲を演奏し歌い上げた麗しく優雅で彼女の持ち味である柔らかさと可憐さが存分に発揮されたアルバム!

モアレコおすすめおまかせパック (¥5000)


¥5000(アルバム、EPを2〜3枚位になります)を目安に、モアレコに選盤をお任せ頂く特別パック!

テーマ別ブログ






PICK UP BLOGS !






BLOG RANKING

WEEKLY RANKING (10/13)

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

DIIV 「Deceiver」

2,420円(税込)





RECOMMEND VIDEOS






PICK UP RECOMMENDS



The Putbacks 「The Putbacks」


新世代ジャズを網羅した、ダンサブルな分厚いサウンド・エスケープがめくるめく展開を見せる圧倒的デビュー作。

Big Thief 「Two Hands」


3rdアルバム『U.F.O.F.』から約5ヶ月、ビッグ・シーフが綴る新たな物語... “天”と“地”と いう2つのテーマに分かれた2部作の全貌が明らかに。


Moon Duo 「Stars Are the Light」


70年代のファンクと90年代のレイヴに着想を得てキャリア10周年にして、ついに突き抜けてしまったヴェテラン夫婦デュオによる最高傑作。

Ólafur Arnalds「re:member」


ストラタス・ピアノをメインに、ストリングス、シンセサイザー、ドラムスなどが絡み合い、美しい音の世界が広がる作品。オーラブル史上最高傑作との評価も多い作品。


Léonore Boulanger 「Practice Chanter」


フアナ・モリーナ、ジョアンナ・ニューサム、ビョークにも共鳴するフランスの美しき音楽家、レオノール・ブーランジェの新作!

Nick Zammuto 「We the Animals: An Original Motion Picture」


the Booksとして活躍したNICK ZAMMUTOによる新作はJeremiah Zagarによる映画”We the Animals”のサウンドトラック。

dry river string 「Quiet」


美濃隆章(toe)をエンジニアに、柏倉隆史(toe、HIATUS)他ゲスト・ミュージシャンを迎えた1stアルバム。ポストロック通過後の滑らかな質感漂うアコースティック・エッセンスに傾倒したサウンド・アプローチはフォーク、ジャズ、ボサノヴァ辺りの空気感。

Tiago Frúgoli Ensemble 「Casa」


ブラジルはサンパウロのピアニスト/ビートメーカーのTiago Frúgoli 率いるアンサンブルによる処女作はヒップホップのビートテープ的なジャズ作品。

RECOMMEND



Hovvdy 「Heavy Lifter」

2,640円(税込)



Big Thief 「Two Hands」

2,420円(税込)

cahier 「Atlas.ep」

1,100円(税込)

SOLD OUT



DJ Yoda 「Home Cooking」

2,178円(税込)


HMLT 「Need You」

2,420円(税込)

Patrick Watson 「Wave」

2,310円(税込)



The Doood 「Dooodism」

2,750円(税込)


LOOP POOL 「Diversity」

2,200円(税込)

James McVinnie 「All Night Chroma」

2,435円(税込)

SOLD OUT

Yoko Komatsu 「cosui」

3,300円(税込)

SOLD OUT



Brandt Brauer Frick 「Echo」

2,288円(税込)

SOLD OUT

Devendra Banhart 「MA」

1,958円(税込)


Vivian Girls 「Memory」

2,420円(税込)


V.A. 「ending songs」

2,420円(税込)

Jay Som 「Anak ko」

2,640円(税込)


Sleepland 「Out of Hue」

2,343円(税込)


Bon Iver 「i, i」

2,178円(税込)

DIIV 「Deceiver」

2,420円(税込)




Shards 「Find Sound」

2,200円(税込)


YOHUNA 「Mirroring」

2,420円(税込)


V.A. 「Sunny Side Up」

2,090円(税込)


[.que] 「Wonderland」

2,200円(税込)


Aice 「Young&Youth」

2,420円(税込)

木原健児 「日々」

2,200円(税込)


Rob Burger 「The Grid」

2,068円(税込)

MIS+RESS 「Dispellers」

2,178円(税込)

DIVINO NINO 「Foam」

2,037円(税込)

Erin Durant 「Islands」

1,760円(税込)


CFCF 「Liquid Colours」

2,200円(税込)

Ash Walker 「Aquamarine」

2,145円(税込)

SOLD OUT

Thom Yorke 「ANIMA」

2,750円(税込)


MEGA BOG 「Dolphine」

1,958円(税込)


Jordan Rakei 「Origin」

2,640円(税込)

Smany 「to lie latent」

2,200円(税込)



折坂悠太 「平成」

2,750円(税込)

Emma Frank 「Come Back」

2,530円(税込)

Talc 「Sit Down Think」

2,530円(税込)


Jambinai 「ONDA」

2,640円(税込)


Primula 「GONE」

2,200円(税込)


Tim Hecker 「Anoyo」

2,310円(税込)

Tycho 「Weather」

2,640円(税込)


んoon 「Body」

1,980円(税込)

Un son doux 「3」

2,750円(税込)

epic45 「Sun Memory」

1,958円(税込)


Taquwami 「31」

2,530円(税込)


CHON 「CHON」

1,650円(税込)


Daniel Wohl 「État」

2,310円(税込)


SOAK 「Grim Town」

2,420円(税込)


Big Thief 「U.F.O.F」

2,420円(税込)

mishca 「square」

1,650円(税込)



Lucy Kitt 「Stand By」

1,738円(税込)

The Drums 「Brutalism」

2,640円(税込)


NICOLA CRUZ 「Siku」

2,420円(税込)

FENNESZ 「Agora」

2,750円(税込)

TRIOLA 「Chiral」

2,530円(税込)


Follows 「Nyctophile」

2,200円(税込)


みどり 「みどり」

2,547円(税込)



Corey Fuller 「Break」

2,310円(税込)

December 「PLUMA EP」

1,019円(税込)


Rubel 「CASAS」

2,530円(税込)


Vok 「In The Dark」

2,016円(税込)

TALLIES 「TALLIES」

2,310円(税込)


Beirut 「Gallipoli」

2,640円(税込)


SPOOL 「SPOOL」

2,547円(税込)

nouon 「Flow」

2,750円(税込)




THE RATEL 「Focus EP」

1,320円(税込)

Deca Joins 「Go Slow」

1,650円(税込)

The Fur. 「Town」

2,200円(税込)


Lissom 「Lissom」

2,420円(税込)


Rose Droll 「Your Dog」

2,200円(税込)


Mark Kavuma 「Kavuma」

2,420円(税込)

PREP 「Line By Line」

1,980円(税込)




Hater 「Siesta」

2,310円(税込)

Motorama 「Many Nights」

2,310円(税込)



no.9 「Switch of LIFE」

2,526円(税込)



Helios 「Veriditas」

2,200円(税込)


Louis Cole 「Time」

2,420円(税込)












SNS




more records LABEL

聴けばひと度、魔法にかかる。

音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる。

音楽って本来こういうもの。

第4弾アーティストは、ロンドンのシンガーソングライター【Tom Rosenthal】!

第3弾アーティストは、UK出身のエレクトリック、ヴォーカルプロジェクト【KNIGHTSTOWN】のデビュー盤!

第2弾アーティストは、ベルギーを拠点に活動する5人組バンド【Marble Sounds】
第1弾アーティストは、魔法のようなポップ・ミュージック!フランスのト男女トリオ【Evergreen】

TOPICS


モアレコおススメ!PLAY LIST

【AUTUMN LIST 2019】

秋に聴きたいプレイリスト!



CART


・お電話でもご注文承ります

 048-677-0862
 (12:00〜21:00 月曜定休)

Twitter



Instagram


LINE


YouTube


BLOG




GOODS





SHOP INFORMATION

店舗情報
通販方法


IN SHOP